FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【出演情報】Accendere 第4回公演『粛々と運針』

Accendere第4回公演『粛々と運針』
作:横山拓也(iaku)
演出:岡田康之+Accendere

◆あらすじ
新築の一軒家に暮らす田熊(たくま)夫妻。子供を作らない約束で結婚した2人だったが、ある日、妻・沙都子(さとこ)は、妊娠しているかもしれないと気付く。そのことを告げられ浮き足立つ夫・應介(おうすけ)。無かったはずの選択肢を前に戸惑う2人。
「産まないってことになるん、かな。」
「そりゃそうでしょ。」

母の見舞いに訪れた築野兄弟。兄・一(はじめ)はアラフォーのフリーターで実家住まい。結婚して県外住まいの弟・紘(つなぐ)は滅多に実家に顔を出さない。末期の膵臓ガンを宣告された母は残された治療の可能性を捨て、穏やかに死に臨む“尊厳死”を選びたいらしい。かすかな望みにすがりたい一は、母の希望に賛成する紘が理解できない。
「これか。大人になったって思う瞬間。」
「なんか、俺ら、ずっと子供みたいだな。」

命について交わされる、人々の会話。

◆出演
内藤陽介(Accendere)
和泉久雪(舞衆一ノ太刀)
吉田わかな(塩会)
岡田康之(Accendere)
先川史織(Accendere)[A]
中島まなみ(劇団カタコンベ)[A]
三浦真由[B]
今井美沙子[B]

※ダブルキャストでの上演です。先川・中島は[A]、三浦・今井は[B]の日程にのみ出演します。

◆日時
2019年5月
1日(水祝)19:00[A]
2日(木祝)14:00[B]/19:00[A]
3日(金祝)14:00[B]

※開場は開演の30分前です。
※上演時間は約100分(途中休憩なし)を予定しています。
※未就学の方はご入場いただけません。
※車椅子でご来場の方は事前にご連絡ください。

◆チケット
一般2,300円、高校生以下1,000円
全席自由、当日券は各500円増し
2月24日(日)発売開始

チケット取扱
・CoRichチケット − https://ticket.corich.jp/apply/97939/
・Accendere公式HP −  http://accendere.web.fc2.com/
・りゅーとぴあ2Fインフォメーションカウンター – 窓口販売(営業時間11時〜19時/毎月第2・4月曜の休館日を除く)

◆会場
りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館・スタジオA(新潟市中央区一番堀通町3−2 白山公園内)

お問い合わせ
【E−mail】information.accendere @gmail.com
【公式HP】http://accendere.web.fc2.com/
【Tel】090-5438-7853(サキカワ)

◆スタッフ
美術:Rikki TIKKI TAVI
照明:谷間日君朗
宣伝ヘアスタイリング・撮影:ヤマザキケンユウ[表面/三浦真由・中島まなみ]
宣伝メイク:中島早貴[表面/三浦真由・中島まなみ]
撮影協力:HURRAH AND THINGS
宣伝撮影:石川直幸(Accendere)[裏面/出演者]
宣伝美術:早川春果(劇団FIFTH Units)
企画・製作:Accendere

【Twitter】@accendere_info

粛々本チラシ表

粛々本チラシ裏
スポンサーサイト

【出演情報】劇団@nDANTE 第12回公演『ガトリンガール』

劇団@nDANTE 第12回公演
「ガトリンガール」

ー恋と戦争は、手段を選ばないということかー

作・演出 石川 直幸

◆ あらすじ
私は高校生のフーコ。憧れのセンパイにただ今絶賛片思い中!
ある日、思い余った私はセンパイのために、
身体を「全身凶器の戦闘マシン」に改造してしてしまう。
しかしなんと!まさかの失恋!
ショックで私はセンパイのハート(心臓)を文字どおり撃ち抜いちゃった・・・。
あーん!こんなつもりじゃなかったのに!これから私どうなっちゃうの?
劇団@nDANTEが送る、ハチャメチャ・メランコリック・ダイナマイトバディーなSF物語。

◆出演
小柳風花
益川真由葉
三浦和宏
土屋尚子
後藤忠彦
古澤志織
加藤慎也
石川直幸
(以上、劇団@nDANTE)
​和泉久雪(舞衆一ノ太刀)
先川史織(Accendere)
小林葉月(舞衆一ノ太刀)

​◆スタッフ
【助演出】先川史織(Accendere)
【照明】石川直幸
【音響】三浦和宏
【宣伝美術】佐藤千尋(演劇集団舞台工房)
【受付】広橋綾子
【制作】加藤慎也
【協力】いちろう舞台
新潟古町えんとつシアター
高澤なつき
小山由美子(劇団カタコンベ)
【企画・製作】劇団@nDANTE

◆上演日時
12月8日(土) 14:00(前売完売)/19:00
12月9日(日) 14:00(前売完売)/18:30

◆会場
新潟古町えんとつシアター
(新潟県新潟市中央区東堀通6番町1051−1)

​◆料金
一般前売 1,500円
高校生以下前売 1,000円
(当日券は各500円増)
アンバサダー 0円

※アンバサダーとは?
劇団@nDANTEの公演を初めて観るお客様に限り、
公演後に写真や感想等をSNS等で発信いただくことを条件として
各回2名様まで無料にてご観劇いただけます。

◆その他
開場は開演の60分前です。

【Dr.ポッターのわくわくラボ】
開場中、ロビースペースに『Dr.ポッターのわくわくラボ』が出現します!
ぜひお早めにご来場いただき、本公演と合わせて様々なアトラクションをお楽しみください。
※一部のアトラクションは課金有り

◆お問い合わせ
下記の連絡先、および下記問い合わせフォームよりお問い合わせください。
TEL:090-9425-6193(劇団@nDANTE)
Mail:andante.customer@gmail.com

stage_77333.png

stage_reverse_77333.png

【出演情報】Accendere 第3回公演『太陽』

Accendere第3回公演『太陽』
作:前川知大
演出:石川直幸+Accendere

◆Story
40年程前、世界は大規模なバイオテロにより拡散したウイルスで人口が激減してしまった。
しかし数年後、ウイルス感染者の中から奇跡的に回復した人間達が現れる。彼らは紫外線に弱く太陽光の下では活動できない欠点があったが、頭脳明晰で若く健康な肉体へと変異していた。人間を上回る身体を手にした彼らは、自らを「ノクス(夜に生きる人)」と名乗り始める。人間からノクスへ変異する方法も確立され、徐々に数を増やす彼らに政治経済の中心は移り、ついには人口も逆転してしまった。
そして現在、普通の人間は三割程になり「キュリオ(骨董品)」と呼ばれ、ノクス社会に依存しながらも共存している。かつて日本と呼ばれた列島にはノクス自治区が点在し、緩やかな連合体を築いていた。都市に住むノクスに対し、人間は四国を割り当てられ多くが移住していたが、未だ故郷を離れず小さな集落で生活するものもいた――

太陽を捨てたものたちと、捨てられないものたちの群像劇

◆Cast
先川 史織
内藤 陽介
石川 直幸
(以上、Accendere)
高田 遼太郎(舞衆一ノ太刀)
飯塚 陽
後藤 忠彦(劇団@nDANTE)
山田 好宏(劇団ハンニャーズ)
吉田 わかな(塩会)
平田 セイイチ(東区市民劇団 座・未来)

◆Schedule
2018年8月
24日(金)19:00
25日(土)14:00/19:00
26日(日)14:00

※開場は開演の30分前です。
※上演時間は120分を予定しています。
※未就学の方はご入場いただけません。
※車椅子でご来場の方は事前にご連絡ください。

◆Ticket
一般2,500円、高校生以下1,000円
全席自由、当日券は500円増し

チケット取扱
・CoRichチケット − https://ticket.corich.jp/apply/92353/
・Accendere公式HP −  http://accendere.web.fc2.com/
・りゅーとぴあ2Fインフォメーションカウンター – 窓口販売(営業時間11時〜19時/毎月第2・4月曜の休館日を除く)

チケット発売日:6月24日(日)

お問い合わせ
【E−mail】 information.accendere@gmail.com
【公式HP】 http://accendere.web.fc2.com/
【Tel】    090-5438-7853(サキカワ)

◆ Place
りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館・スタジオB(新潟市中央区一番堀通町3−2 白山公園内)

◆Staff
美術:Rikki TIKKI TAVI
照明:谷間日君朗
音響:三浦和宏(劇団@nDANTE)
衣裳:大井 南(Accendere)
舞台監督:岡田康之(Accendere)

宣伝ヘアスタイリング・撮影:ヤマザキケンユウ[表面/高田遼太郎・飯塚 陽]
宣伝メイク:中島早貴[表面/飯塚 陽]
撮影協力:HURRAH AND THINGS
宣伝撮影:石川直幸(Accendere)[表面/内藤陽介・裏面/出演者]
宣伝美術:早川春果(劇団FIFTH Units)

企画・製作:Accendere

【Twitter】@accendere_info

18_taiyou_AC_n_ol-01.jpg

18_taiyou_AC_n_ura_ol-01.jpg

【出演情報】サクマ企画 第1回キカク 『調子に乗れ!』

サクマ企画 第1回キカク 「調子に乗れ!」

【あらすじ】
男が一人海を見ている。
彼はまだ何者か分からない。
海を見ている以外何もしていないからだ。
何もしていない人というのは他人を不安にさせる。
これは心理学的にも定説だという話は聞いた事はないが、とにかく何もしていない人というのはこれから何をするか分からない人だと言ってもいい。
ここで重要なのが男の風貌だ。
爽やかな若者であるか草臥れたおっさんであるかで後の行動の予測が大きく分かれる。
しかし昨今はその予測も通用しなくなってきている事は皆さん御承知の通り。
何もしていないというのは一番困る。
何者であるか判るように何かしらをしていて欲しい。
何もする事がないならせめて調子にくらい乗ってくれればいいものを。

【作・演出】
平塚直隆(オイスターズ)

【日時】
2018年3月
20日(火) 19:00開演
21日(水・祝) 14:00開演/19:00開演
23日(金) 19:00開演
24日(土) 14:00開演/19:00開演
25日(日) 19:00開演

【会場】
新潟古町 えんとつシアター


【入場料】
前売 3,000円
当日 3,500円
※全席自由

ファイル 2018-01-31 20 05 43
ファイル 2018-01-31 20 06 02

【出演情報】シアターサンジョーゴボー第2回劇団☆ASK特別公演『河童 〜どうかkappaと発音して下さい。〜』

三条別院お取越し報恩講 内
シアター サンジョー ゴボー
第2回 劇団☆ASK 特別公演

『河童 〜どうかkappaと発音して下さい。〜』
原作◎芥川龍之介
作◎保坂正人(STAGE D/上越)
演出◎かねことしやす(劇団☆ASK/長岡)

期日 2017/11/6(月)
時間 19:00開場 / 19:30開演
場所 三条別院本堂(三条市本町2-1-57)
料金 無料
※予めのご予約をお願い致します

<あらすじ>
ー 1人の青年が迷い込んだ世界。
そこは人間ではなく河童の住む世界だった。
自分の世界とは違う文明や価値観。見るもの聞くもの全てが新鮮で驚きの連続。青年は様々な河童と出会い、交流し、そして別れを経験する。
月日が経ち河童世界に慣れてきた青年だが、自分とは違う河童たちの考えに次第に翻弄されていく。人間として生きてきた青年にとって、その世界を理解するのは不可能だったのであろうか。
最後に青年が選んだ道は人間世界に帰ること。
その選択は正しかったのか、青年は悩み続ける。

<キャスト>
先川史織 (Accendere/新潟)

井熊未来 (劇団☆ASK/長岡)
飯塚陽 (i-MEDIA/新潟)
高田遼太郎 (舞衆一ノ太刀/新潟)
須田ひちょり (劇団☆ASK/長岡)
和田淳也 (フリー)
磯部真成 (劇団☆ASK/長岡)
風間愛恵 (WARP/長岡)

平井紫乃 (とりふね舞踏舎/京都)

<制作・著作> 劇団☆ASK
<主催> 三条別院報恩講実行委員会

23316362_1177878629023795_8776616550976380965_n.jpg
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitterでフォローする
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。